機械メーカーの仕事

機械メーカーで働いてよかったところ

機械メーカーは世間からは優良企業と見なされる事が多いです。

その理由としてはカレンダー通りの休み、真面目で心的な人が多い、営業マンが営業を成績についてプレッシャーを感じにくいの3点の理由からです。

人によって働く時に大事にする点は異なりますができる限り心地よい環境で働きたいと考えるのは人間誰しも共通です。

機械メーカーは他の業種に比べて働きやすい環境にあります。その理由については今回は解説します。

カレンダー通りの休み

機械メーカーは基本的にカレンダー通りの休みです。公務員と同じと言ってもいいでしょう。

公務員よりも待遇がいい場合もあります。工場勤務の場合はカレンダー通りの休みに加えて長期の休みがあります。

例えば8月のお盆休み付近は2週間程度お休みになる会社もあります。これは工場特有の理由からです。

工場の機械は一旦止めてしまうと再び動かすのに1日以上掛かってしまうものもあります。また機械を止めて動かすのには大容量の電気が必要になり電気代も通常運転の何倍も掛かります。

そのためちょこちょこ休むよりも連続して休む方が工場の経営にとってもメリットがあります。

もし海外旅行好きな人であれば機械メーカーの工場勤務をする事をお勧めします。

真面目で紳士的な人が多い

機械メーカーには真面目な人が多いです。

その理由としてメーカーは理系な人が多いため学生時代から勉強にコツコツと取り組み努力を積み重ねてきた人が多いからです。

機械の開発部門や設計部門は特にその傾向が強いです。営業部門でも不動産や金融の会社よりも真面目な人が多いです。

営業と言うとチャラチャラした人がいるイメージもありますが機械メーカーの営業はチャラチャラとした人は皆無と言っていいでしょう。

営業成績を言われにくい

営業マンの仕事は自社の商品を売り、営業成績を上げる事です。

営業成績の上がらない営業マンは仕事をしていないのと一緒であり、努力しても商品を売れなければ上司に詰められてたり場合によっては左遷させられる事もあります。

しかし機械メーカーの営業マンは他の業種の営業マンに比べてプレッシャーが少ないです。

その理由としては2つあります。

1つは機械と言う商品は努力しても売れるものではないからです。

例えばジェットコースターを売っている機械メーカーを考えてみます。

商品はジェットコースターです。お客様は遊園地になります。では遊園地はジェットコースターを毎年のように買うでしょうか?

買いませんよね。壊れたら買い換えるかもしれませんが数年で壊れる事はありません。逆に壊れたら不良品と見なされます。

ここで営業マンが遊園地に「いいジェットコースターができたんで買って下さいよ!」と伝えても買ってもらえないのは誰しも想像できます。

遊園地がジェットコースターを買うタイミングは

1.ジェットコースターの入れ替え
2.遊園地に新たなジェットコースターを追加する
3.新たな遊園地が建てられる

この3つしかありません。そのため営業マンの努力で売り上げが左右されません。

機械メーカーの営業マンがプレッシャーが少ないもう一つの理由はライバルが少ないというものです。

機械メーカーは長年の経験を元に独自の機械を作り上げています。

また機械という商品を作る為には相当の設備投資が必要になるためマネしたくてもお金の準備ができないから簡単にはマネができません。

そのためライバルが非常に少ないです。

ライバルが少ないと言うことはお客様との立場がこうなります。
機械メーカー>お客様

そのため営業マン主導で交渉を進める事ができます。お客様の多くは機械メーカーが売ってくれる機械がなければ品物を製造できません。

普通ではあり得ない事ですがお客様が営業マンに高くてもいいから機械を売ってくれとお願いするケースもあります。

それくらい機械メーカーの営業マンはお客様より立場が上になる場合もあるためお客様からの精神的なプレッシャーを受ける事が少ないです。

まとめ

  • 機械メーカーはカレンダー通りの休みに加え長期休暇も多い
  • 理系が多いため真面目で紳士的な人が多い
  • 他業種の営業マンに比べて営業成績を言われにくい