機械メーカー男子の恋愛、結婚

機械メーカー男子が恋愛面で損しないためのマインド作り

機械メーカーに勤めている人は世間一般に比べると陰キャでモテない人が多い印象があります。

それは今まで育ってきた環境が男ばかりで女性と接する機会が他の男性に比べると少なかったからという理由が大きいです。

しかし機械メーカーは世間的に見ても社会的地位が高いです。日本はものづくり大国と言われる程、ものづくりに力を入れている国です。

そんな日本の機械メーカーで働いているというだけで価値があると考えても恥ずかしくはありません。

メーカーはお金を右から左に流しているだけの会社ではありません。しっかりとした実物を生み出しそれを販売しお金を稼いでいます。

物を生み出す仕事は当たり前のように見えるかもしれませんがとても難しい事です。その事をメーカーで働く人達は理解した方が女の子からのモテに繋がります。

機械メーカー男子は陰キャでモテてきてない人が多い

機械メーカーは陰キャな人が多いです。そのせいかモテないと女性から思われたり機械メーカーで働く男子自身が自分達はモテないと勝手に思い込みがちです。

そういった心理になってしまう原因は今までの育ってきた環境にあります。

機械メーカーの中でも特に技術者と呼ばれる人達はこれまでの人生で女性に関わる事が少なかった人達です。

技術者は半年、1年勉強を頑張っただけでできる仕事ではありません。高校生の時は理系クラスでみっちしり数学を勉強し大学は工学部でさらに難しかったり専門的な分野を学んでいく。

機械メーカーに就職してからも、周りの会話は聞いた事ない単語だらけだから付いていくために土日に勉強をして女の子と遊んでいる暇なんてなかったという技術者は多いです。

高校生の時も、大学生の時も社会人になってからでも女性が少ない環境にいたせいで女の子と付き合った経験がないという人も一定数います。

そういった人達はどうしても自分は女の子からモテないと思いがちになってしまうのも無理はないです。

機械メーカーの仕事についてはこちらの記事を参照して下さい。

機械メーカー内の仕事の種類

機械メーカーに勤めている事は社会的価値が高い事を意識

自分はモテないと思いがちでも実は社会的に見れば素晴らしい事をしていて女性からモテる要素が備わっている場合もあります。

このサイトを訪れてきてくれた方は機械メーカーに勤めていたりその関連企業の男性が多いと思います。

そんな会社で働いている人達は間違いなく社会的地位は高いです。

まず日本はものづくり大国であり、戦後の悲惨的な状況から今日までの発展は間違いなくものづくりの分野が引っ張ってきました。

家電メーカー、車メーカーが生み出す商品は安くて性能もよく、壊れにく素晴らしい商品達でした。そんな商品を生み出せるメーカーはとても立派な企業だと思いませんか?

そんな企業で働いているあなた自身は十分価値がある存在と思ってもらっておかしくはありません。

特にメーカーで技術職として働いている場合はまさに企業の本質的価値を作っている存在なのです。そんな人達なんだとまずは自分自身に認識させてみましょう。

周りの、特に50代以上の方に「機械メーカーで働いている事についてどう思う?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

きっとポジティブな返答が返ってきてあなたの自信に繋げる事ができます。

設計者がモテる理由についてはこちらの記事を参照して下さい。

機械設計者が女性にモテる3つの理由

実物を生み出しているすごさに自信を持ち女の子にモテよう

機械メーカーはただの金属や樹脂から何かの仕事をしてくれる機械を作りだしています。いわば実物を生み出している実業です。

その反対な言葉に虚業あります。虚業の定義にもよりますが金融業は虚業と呼ばれています。

銀行、証券会社、商品者金融。これらは基本的には何かを生み出すわけではなくお金を左から右に流すのが仕事です。

さてこの仕事をあたは仕事と思えますか?お金を動かすだけでお金を生んでいるというのは不思議な話です。実業をしている機械メーカーから見ると金融業は何も生み出していないただの金貸しです。

しかしこの金融業で勤めている人は高給取りが多いです。製造業よりも平均年収も高いです。そのため機械メーカーに勤めていると金融関係で働いている友達を羨ましく思ったり凄い存在だと思いがちです。

確かに年収だけで見れば金融業で稼いでいる人の方が勝っているかもしれません。しかしやりがいや世の中への貢献度を自分で考えてみて下さい。

お金を動かしているだけの金融業と何もないところから頭を使い手を動かして1つの製品を作り上げる製造業(機械メーカー)。

あなたはどちらの仕事の方がカッコいいと思うでしょうか。私は実物を生み出している人の方がカッコいいと感じます。

技術者は物を生み出す事が普通な職場に常にいます。それを何年も続けると0から1を生み出す行為が普通と思うようになっていきます。周り(職場の中)でもそれが普通だからです。

しかしよく考えてみて下さい。物を作るって凄くないですか?材料から機械を作りその機械が動作して何かの仕事をしてるってありえない事ではないですか?

100年前から考えたら奇跡じゃないですか?そんな奇跡な事をやっているのが機械メーカーであり技術者であるあなた自身なんです。

それに自信を持ちましょう。自分がやっている事に自信を持ちましょう。誰しもができる仕事では決してありません。

女の子は男性の自信に惚れます。カッコいい人って自信で溢れています。自信があるからカッコいいと言えるのかもしれません。

機械メーカーで働いているんだ!俺は製品を作りだしているんだ!と自信を持ってみましょう。

メーカー勤務男子の彼女の作り方についてはこちらの記事を参照して下さい。

機械メーカー勤務男子が彼女を作る方法

まとめ

  • 育ってきた環境からメーカー男子はモテないと思い込みやすい
  • メーカー勤務は日本ではポジティブ
  • 0から1を生み出しているメーカー(技術者)はカッコイイ