機械メーカー男子の恋愛事情

恋愛弱者なんて言わせない!機械設計者が女性にモテる理由

恋愛弱者なんて言わせない!機械設計者が女性にモテる理由

機械設計者はモテないと思われがちです。

機械設計者自身もこれまでの環境のせいで「自分には魅力がないんだ」、「俺はモテないんだ」と思い込んでしまいます

彼らの多くは高専や普通高校の理系クラスから大学の工学部に進み機械メーカーや設計事務所に就職します。この過程を過ごせば女性との接触回数が同年代の男性に比べて極端に少ない場合が多いです。

それが影響し女性と付き合った経験が全くないという方もいます。

女性と出会う方法はたくさんありますが2021年であればマッチングアプリを利用する事をおすすめします。コロナの影響で街コンやお見合いパーティーへの女性の参加率が下がっているからです。

女性と出会う方法についてはこちらの記事に詳しく書いています。

 

機械設計という責任が大きく、やりがいもある仕事をしている設計者には女性からモテる要素がたくさんあります。

  • 真面目さ
  • 気遣いのできるコミュニケーション能力
  • 同年代より多い年収

これらは女性に非常に魅力的にうつります。この記事では自分はモテないと思っている機械設計者や技術者に自信を持ってもらえる記事になっています。

女性にとって男性の真面目さは魅力的にうつる

女性にとって男性の真面目さは魅力的にうつる機械設計者(技術者)は真面目な人しかいないんじゃないかと思える程99%の設計者は真面目な性格の持ち主です。

仕事に対しても友人に対しても女性に対しても真面目です。

この真面目さは女性から見るととても魅力的に映ります。

女性はチャらい人を極端に嫌います。

  • 「真面目な人が好き」
  • 「優しくて仕事を一生懸命にしている人が好き」

これらの事を女性は日常的に口にしています。チャラい人が好きな人もそれは一夜だけの関係の場合が多いです。彼氏や結婚相手に求める条件は「真面目さ」を第一条件にしている女性がほとんどです。

機械設計の仕事は真面目でないと務めることができません。

正確な計算能力、図面を正しく製図する力、お客様との機械仕様の打ち合わせ。どれをとってもチャラくてノリだけの人物ではこの仕事はできません。

また機械設計者になるまでにたくさんの勉強をしてきました。高校は理系クラスで数学や物理の問題を沢山解いてきました。

大学では工学部に所属し日々実験ばかりの生活。文系の大学生が遊びほうける中、研究室にこもって作業とレポートを真面目にこなしてきました。

こういった真面目さが体に染みついています。その真面目さは女性、特に結婚を強く意識している女性には深く刺さります。

気遣いができるコミュニケーション能力は女性を安心させる

機械設計者や技術職は女性から真面目さはあるけどコミュニケーション能力、いわゆるコミュ力がないと思われ場合があります。

確かに女性と話す経験は学生時代から同年代の男子に比べて少なく職場でも若い女性が少ないという理由から苦手な方もいます。

しかし人とのコミュニケーション能力で言えば機械設計者は高い人が多いです。

機械設計の仕事は机に座り一日中計算をしたり、図面を描いたりしていると思われます。

しかしそれだけではありません。機械設計では人とのすり合わせ作業がとても大切な仕事です。

  • お客様との機械の仕様の打ち合わせ
  • 電気設計者やソフト設計者との機械仕様についての打ち合わせ
  • 現場組み立て者への設計した機械の組み立て説明
  • 設計部門や関連部門へ設計した機械の承認をもらうデザインレビュー

設計者であればこれらを日常的にやっており非常にコミュニケーション能力が高い人が多いです。

このコミュニケーション能力も単におしゃべりが上手という事ではありません。

相手が求めている事を理解して、要求された事に対する答えを伝えるという高いコミュニケーション能力があります。

これは相手の立場や心情を理解できる能力と言い換える事ができます。

機械設計者は観察力が非常に鋭いです。ちょっとした外見、内面の変化に気づく事ができます。女性は自身の変化に気づいてくれる男性に好意を抱きやすいです。

自分の事を常に気遣ってくれる男性は女性から見ると安心感を持てる存在です。自分を守ってくれているとその男性に感じます。安心感は女性にとって好きと同義です。

技術者であるあなたが気遣いができる方であれば自信を持って「俺は女性にモテる」と考えて大丈夫です。

年収が同世代より多い

女性にとって相手の男性の年収はとても気になるものです。男性が金銭的に余裕があればカバンやバックを買ってもらえやすくなります。旅行にも連れて行ってくれるかもと期待を膨らませやすいです。

結婚をすぐにでもと考えている女性であればより結婚後の生活をリアルに考えているので男性の年収がより気になるでしょう。

では機械設計者の年収はと言うと世の中の平均よりは高いです。

転職サイトのdodaさん調べによると機械設計者の年収は30歳前後では400万代後半、35歳前後では500万円代前半、40歳前後では500万円代後半である事が分かりました。

機械設計者の年収についてはこちらの記事で紹介しています。

 

経験が浅い20代中盤までは年収は少ない場合もありますが30代になり経験年数が増えると一気に収入が上がる傾向にあります。

30代で機械設計者としてのキャリアが10年近くになれば同世代の友達より収入が多い場合がほとんどです。

特に地方の場合は平均収入が低いです。しかし機械設計者は特別な技能職でもあるので好待遇で会社に勤める事も可能です。

手に職を持っている分、将来への安定性も高いです。

コロナが流行り誰しも将来への経済的不安を抱えている中で正社員で技術職をしているというだけで大きな価値を持っている人物です。

自分から女性へ積極的に年収について言うべきではありませんがしっかりとした職業についている自信は持っていて問題ありません。

自分がモテないと思う技術者は出会いを増やそう

真面目さ、コミュニケーション能力、年収の面から技術者は女性にモテる要素を山程持っています。しかし恋愛を苦手と思い込んでいる方々が非常に多いです。

その理由は出会いの数が圧倒的に少ないからです。この1つの理由のみが技術者を恋愛や結婚から遠ざけ、女性への苦手意識を植え付けさせているのです。

女性と会話をしてラインをして、デートの数をこなしていけば自然と女性に慣れる事ができます。もし女性に対して苦手意識がある方は女性と出会う事から始めてみましょう

女性へ出会う方法については以下の記事を参照してください。