2021年エンジニア向けオススメ本紹介

2021年に当サイトの管理人が実際に読んで有益となった本を紹介します。

管理人の本業である機械設計に関する本をお探しの方はこちらを参考にして下さい。

バーチャル・エンジニアリング-周回遅れする日本のものづくり-

  • 3DCADを導入する理由が分からない方
  • 車業界に勤めている方
  • 日本の製造業をレベルアップさせたい方

日本の車メーカー「ホンダ」の技術者が長年の現場経験を元に書いたです。

日本のものづくり現場でよしとされている「すりあわせ」技術にフォーカスしています。

欧州では3DCADをはじめとした「バーチャルすりあわせ」が主流な現場において日本ではまだまだ2DCADが使われていることについての危機感を述べています。

  • 本書は、IoT社会・デジタル化の時代に、日本のものづくり生産性が大幅に低下した本質的原因を突いている良書
  • ホンダのエンジニアが書いた本。専門的な言葉も多いが、実務に基づく問題意識から書いている点に好感が持てるし、日本の製造業、特に自動車メーカーが抱える大きな課題を突いた本だと思う
  • 私のような長年デジタル・エンジニアリングに関わっている者だけでなく、多くのエンジニアやマネージャーに読んで頂きたい。欧米とのあまりの差に、危機感を持つ