機械メーカーの仕事

現役の機械設計者から見る キーエンスの営業マンを見習う点と改善点

キーエンス 営業マン 機械設計者

皆さん、キーエンスという会社をご存知ですか?

機械業界ではその名を知らない人がいない、とても有名な一流センサー企業です。

機械業界でももちろん有名ですが近年では一般のサラーリーマンでも名前を聞いた事のある人が多いんではないでしょうか。

その理由は平均年収の高さ。なんと2000万円を超えているのです。一般のサラリーマンでは考えられないような額です。

それだけ年収が高いとブラックなのでは?と思われる方もいるかもしれません。

たしかに一部からは長時間労働があったり、厳しいノルマがあると伝えられています。

しかし普段からキーエンスの営業マンと付き合いのある現役の機械設計者である私は彼ら(キーエンスの営業マン)が大きなストレスを感じているとは思っていません。

彼らの仕事が素晴らしいから平均年収が2000万円を超える程の利益がでていると考えています。

この記事では現役の機械設計者から見たキーエンスの営業マン達のすごい点、見習うべき点を伝えていきます。

最後に少しだけ彼らが直した方がいい事を書いています。

仕事が速いー設計者は納期に追われているー

まずキーエンスの1番素晴らしい点は仕事がとても速いという事です。

機械業界様々な会社がありますが間違いなく1番速いです。

具体例をあげます。キーエンスの光電センサーのカタログをダウンロードした時の話です。

筆者が装置に使うセンサーを選定していた時にキーエンスの光電センサーが候補の1つにあがりました。

私は詳しい仕様を調べる為にカタログをダウンロードしました。そのカタログを見ていた5分後、知らない番号から僕のスマートフォンに電話が。

「〇〇様キーエンスでございます。この度はカタログのダウンロードありがとうごさいます。光電センサーをお探しですか?」

僕はビックリしました。こんなに速く営業の電話が掛かってくる事は初めての経験だったからです。

この速さが彼らの営業成績を上げている1番の要因だと思います。

欲しい時に欲しい商品や知識をどこよりも速く届けてくれる会社を利用しない設計者はいないからです。

私達機械設計者の一番の悩みは納期です。お客様から、一日でも早く機械を納入してくれ、製造部門から少しでも早く部品を入れてくれと日々プレッシャーを掛けられます。

納期に追われている設計者にとって知りたい情報を1秒でも早く教えてくれる営業マンは強い味方になります。

商品も全商品が当日出荷なのも非常に心強いです。

爽やかで気持ちがいいー設計の現場はおじさんばかりだからー

機械メーカーの技術現場は9割が男性です。女性がいても事務員のおばさんが数名いる程度です。一言で言えば華が全くありません(笑)

普段そういった現場で働いている筆者はキーエンスの営業マンを見ると楽しい気持ちになります。

なぜならば彼らの大多数は若くて元気が良くて清潔感のある方々だからです。筆者が出会ったキーエンスの営業マンは全員上記のような人達でした。

「元気が良くて清潔感があるのって営業マンだったら普通なのでは?」と思われる方もいると思います。しかし現実はそうではありません。

人を不快にさせるような言動を言ったり、髪がぼさぼさで服装もだらしない営業マンは技術系の会社であれば何人かいます。そんな人達としゃべっていると「この営業マンから部品を買おう」という気はなくなります。

どんなに素晴らしい部品であってもです。それくらい私たち技術者は営業マンの言葉遣いや服装を見ています。技術を売りにする事も大切ですが営業マン達の身だしなみも同じくらい大切です。

キーエンスの営業マン達は教育されているのか自主的にそうしているのか分かりませんが服装や礼儀、言葉遣いはとても素晴らしいです。

もしA社とキーエンスのセンサーの性能が同じであれば筆者は間違いなくキーエンスから買います。なぜなら営業マンを惚れこんでいるからです。

技術者を惚れこませる営業マンがいるからキーエンスという会社は利益を上げていると考えます。

キーエンスの営業マン達の改善点

今までキーエンスの営業マン達の素晴らしさを説明してきましたが設計者から見て彼らに直して欲しい点があります。

キーエンスの営業マンだけでなく、技術系の商品を扱っている営業マンであれば誰しも問題な事(課題)だと現役の機械設計者である筆者は考えます。

その理由をこちらの記事に書きましたのでご興味がある方は是非

以上