機械メーカーの仕事

女性が機械メーカーで技術職として働くメリット

機械メーカーで働く女性技術職は珍しいです。

機械メーカーでしかも技術職と言うと数学や理科が必要で働くにはハードルが高いと感じている女性も多いです。

たしかに働くハードルは高いかも知れません。

しかし女性が機械メーカーで働くと言うのは大きなメリットも存在します。

今回の記事では女性が機械メーカーの技術職で働くメリットについて解説します。

男性にモテやすい

機械メーカーで働く最大のメリットは男性にモテやすいという事です。

この理由としては機械メーカーの技術職は9割以上が男性を占めているという理由からです。

職場のほとんどが男性の為、必然的に女性がいればそれだけで目立ちます。

特に20代、30代の女性は機械メーカーでは大変貴重な存在です。

そのためキラキラしていなくても、可愛くなくても若い女性と言うだけで男性社員からモテる事も多いです。

男性としても出来るだけ身近な人の方が誘いやすいです。

もし男性からモテたいと思っている女性は機械メーカーに技術職として働く事をおススメします。

希少性があり気を遣われる

女性社員が珍しい機械メーカーは上記の通り大変男性からモテやすいです。

それと同じ理由で気も遣われやすいです。

女性の技術職と言うだけで他の男性社員よりも贔屓目で見られる事があります。

同期の男性社員に比べて先輩が優しくて手取り足取り仕事を教えてくれる事も多いです。

以下の引用文はある機械メーカーの女性社員座談会で女性社員達が話されていた内容の一部です。

女性社員が少ない職場ではありますが、女性に対する理解が足りないかというとそんなことありません。女性社員が少ない分、逆に気を遣ってもらっていると思います!笑 車通勤の人は会社に近い場所に駐車場を準備してもらえたりしますしね。

こちらのメーカーは吉泉産業株式と言う、食品工場で使用されるスライサーのメーカーさんです。

どの職場でも少ない女性社員達は気を遣われる事が圧倒的に多いです。気を遣われるなんて逆に女性差別と考える方もいます。

しかし働く上で気を遣ってもらえるに越したことはありません。お願い事を聞いてもらえたり勤務の融通が利きやすいからです。

カレンダー通りの休日

多くの機械メーカーはカレンダー通りの休日です。年間休日も飲食業やサービス業に比べると多いです。

働く時間は8時30分から17時の会社が基本です。
工場や部品加工メーカーであれば8時から始業の会社もありますがその分終業時間も早いです。

技術職であれば有給休暇も他の業種に比べて習得しやすいです。

サービス業や飲食業は近年では人手不足の職場が多いです。

万年人手不足の会社であれば有給休暇の資格があっても習得しづらい雰囲気があります。

メーカー技術職であれば個人の裁量である程度仕事を進める事ができます。また今すぐに必ずやらないといけない事も少ない為有給休暇を取りやすい雰囲気があります。

当然メーカーでも仕事に納期があるためそれには間に合わせないといけません。しかし納期さえきちんと守れば自分で働き方をコントロールできます。

営業マンと比べても精神的に楽なのがメーカー技術職です。営業マンであれば就業時間外や休日でもお客様からの連絡に対応しないといけない事があります。

そうすると24時間ある程度心理的負荷がかかる場合もあります。

技術職であれば営業職に比べるとお客様と直接やり取りする場面は非常に少ないです。お客様からのお金や納期に関するプレッシャーは営業マンがある程度受けてくれるので技術職はそれほどのストレスを受ける事なく仕事に集中する事ができます。

まとめ

  • 若い女性が少ないん分圧倒的にモテやすい
  • 女性に気を遣ってくれる職場
  • カレンダー通りの休みでプレッシャーが少ない