機械メーカーの仕事

女性が機械メーカーで技術職として働くデメリット

女性が機械メーカーの技術職で働く時のデメリットについてこの記事では解説します。

キラキラしたイメージがないメーカー技術職はイメージ通り、地味な職場が多いです。

勤務地の多くは田舎の工場や最寄りの駅から徒歩では通えないような場所にある事も珍しくありません。華やかな職場ではないのでキラキラOLを目指すのであれば違う職種に就く事をおススメします。

メーカーや職種にとっては納期が厳しく男性、女性問わず技術者にプレッシャーがかかる職場もあります。

今回は機械メーカーで女性が技術職と働く時に感じるであろうデメリットと最後にメリットについても少し解説します。

工場や研究所勤務の場合は田舎の場合がある

機械メーカーの技術職で働く場合は勤務地は工場、もしくは研究所で働く事が多いです。

工場や研究所は大型の機械や製造装置が必要な場合が多く、広大な土地が必要です。そのため土地代の安い田舎に工場や研究所を保有しています。

田舎で数年、もしくは一生涯働かないといけないのがメーカー技術職です。

田舎暮らしが苦てない場合は問題ありません。むしろ田舎なので車通勤が当たり前で生活コストも都会に比べて格段に安いので人によっては向いています。

しかし都会のオフィスで働くイメージを持っている方はメーカー技術職は向いていません。

勤務地にこだわりがある方は就職や転職の際に自分が「どこ」で働くか、転勤の可能性があるかを会社に確認しましょう。

可能であるならば勤務地である街に行く事をおススメします。写真で見るのと実際に足を運ぶのでは感じ方が全く違います。

場所によっては若い人が全くいなかったり、遊び場も近所のイオンだけという事も少なくありません。

そんな環境で自分が生活していけるかを確かめた方が就業後のミスマッチを防ぐ事ができます。

キラキラな職場ではない

上記の通り田舎勤務の場合はキラキラした職場とは無縁になります。

技術職であれば勤務中は作業着を着ています。可愛い制服やOLファッションを楽しむ事はできません。

職場の男性達も商社マンや本社の営業マン達に比べるとオシャレに気を遣っている人は少ないです。黒髪、メガネで私服もカッコ良くない人の方が多いです。

アフターファイブや土日も遊べたり、買い物できる場所は限られています。イオンしか買い物できる場所がないという田舎も多いです。

同年代の人も都会に比べると圧倒的に少ないため、就職先の田舎で新たに友達を見つけるのも難しいです。

今の時代であればネットの力を使い友達や恋人を探す事も可能ですが絶対数は東京や大阪の都会に比べて圧倒的に少ないと考えておくべきでしょう。

技術職の納期に対してのプレッシャーが大きい

技術職というのはお客様からのプレッシャーは営業職に比べて比較的小さいです。

しかしながら技術職でも必ず納期というものが存在します。

特に機械メーカーでも開発部門や設計部門は納期についてかなり厳しいです。

お客様への機械や部品の納入遅れはメーカーの信頼を大きく落としてしまうため許されません。しかしながら開発や設計は予定通り進む事も少ないです。

機能が満たされない為のやり直しであったり、コストが合わないために1からの設計変更も余儀なくされる事もあります。

そういった場合は残業や休日出勤で対応する他ありません。

納期についてのプレッシャーはサービス業や営業にはない特有の厳しさがある事を覚悟しておく必要があります。

機械メーカーで働く場合のメリットもある

ここまで機械メーカーで働く事のデメリットについて書いていきましたがメリットについても当然あります。

大きなメリットとしては職場に女性技術社員が圧倒的に少ないので周りから気を遣ってもらえる点です。

業務の面でもプライベートの面でも何かと周りの男性が気を遣ってくれる職場が多いです。

また職場恋愛や結婚も他の女性社員が少ないという事はライバルが少ないので理想な相手と成就する可能性が高いです。

機械メーカーで働くメリットはこちらの記事を参照下さい。

女性が機械メーカーで技術職として働くメリット

機械メーカーで働いてよかったところ

まとめ

  • 職場が田舎の事が多い
  • 都会のOLのキラキラさは職場にない
  • 納期に対してのプレッシャーは強い